何から始めるか?

1.志望校の決定


絶対に今の大学から出ていきたい場合



5,6校受けて乱れ打つことをオススメします。

編入試験は大学受験と違い、日程が被らなかったら何校でも受けることができます!
→乱れ撃つほうがお得!!


合格しなかったら今の大学でもいい場合



1,2校に絞ることをオススメします。

学校によって,科目や傾向が違う可能性が高いので、
絶対受かりたい学校の傾向を中心に勉強する。


僕の場合、初めから神戸大学だけに行きたかったので
編入の勉強は神戸大工学部に合わせた勉強をしていました。

途中で色々考えて、それ以外もたくさん受けようかと思いましたが、
練習で受けた大阪府立大学のみ受験しました。



2.試験日のチェック



(例)
大学 学部 試験日
神戸大 工学部など 8月24,25日
大阪府立大学 工学域など 6月5日
筑波大学 理工学群など 7月16,17日

このように,試験日は大体8月ころにあるのですが,そうでない日も多いです。

下記のリンク先で日程検索できる。
http://www.cyuouzemi.co.jp/search/


3.試験科目のチェック



(例)
大学・学部 科目 大学別編入HP
神戸大・工 英語・数学・物理・小論文・面接 神戸大学工学部編入HP
大阪府大・工 大阪府立大学工学域編入HP
筑波大学 筑波大学編入HP

学校や学部学科によって、科目は変わってくるのでチェックが必要です。



4.志望校の問題傾向をチェック



現在はわからないですが、毎年少しずつ変わるようなので、
他の掲示板などから情報を収集することをおすすめします。



僕が編入試験を受けた当時は、次のような傾向がありました。

神戸大学工学部
英語 長文読解、短文穴埋め、英作文の構成。
英作文はある程度対策する必要がある。
もしかすると、時事問題が出やすいかも。
数学 微積2題、線形代数2題の大問4つ。
全体的に難易度低く、満点を狙える。
一番点を稼ぐところであり、ここで取れないと合格できない。
物理 力学、電磁気学の大問2つ。
あんまり差がつかない気がする。
6割目指す感じ。
小論文 学科に関する単語についての問題が出る。
あまりとれなくてもそこまで問題ない(?)
面接 志望動機だけ聞かれて一瞬で終わる。
高専生は、高専での研究などを聞かれるらしい。


全体で6割あれば、合格できるらしいので、それ以上を目標にがんばってください。



5.勉強期間について


神戸大学に照準を絞って勉強していた僕の勉強期間を説明します。

試験までの流れ

~1月


編入について調べました。

編入についての知識が無さすぎて、
編入の塾の無料セミナーに行って情報を集めました。

志望校を決定し、試験日程・科目・内容を確認しました。

試験についての情報が発表されていない場合は、昨年度の情報を確認しましょう。

2月


本格的に勉強をスタートさせました。

問題集・参考書を全て購入し、
試験までの日程を考えて1日のノルマを決めて勉強しました。

問題集は2周は絶対にしてください!

他には、過去問題を取りよせ、入試傾向を掴みました。


併願して志望校以外を受験するか、検討しました。

僕の場合は、第一志望の神戸大学以外に筑波大学を受けようかと考えていました。
結局受験しませんでしたが・・・。

4月~



春休みが終わり、学校始まります。

学校が始まれば、春休みほど勉強する時間がありません。


夕方くらいまで大学の授業を受け、終わったら勉強するという毎日でしたね。

6月

募集要項を配布されます(大学によって時期は異なる)

出願期間や試験日をチェックしましょう。

志望動機をなんとなく考えておく。


7月


志望動機をかためておきましょう。


大学の試験期間です。

大学の授業の単位は絶対に落とさないためにも、
あまり編入の試験勉強が進まない時期です。


8月

大学が夏休みになります。
1日中、編入の試験勉強をすることができます。
新しいことはあまりせずに、今までの勉強したことを総復習しましょう。


8月に入ってからは、そわそわしてましたね。